2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

文化・芸術

2014年1月31日 (金)

ハイカラ 雑貨店 ナツメヒロ

今年も一月経過 1/31です。

奥さんが、面白い店の情報を見つけて、行きたいとのこと。

相模原市東林間の 「ハイカラ雑貨店 ナツメヒロ」

なんでも、今、13人の作家による「星夜紀行」という企画展を開催 

冬の夜空ほテーマにした

アクセサリー関係を展示販売。

場所は駅から歩いて7-8分ぐらい?

車だと、駐車場がないので、コインパーキング 200/20分

店はすぐわかります。

Asa0


反対側にはこういうのがおいてあります。

Asa1


宣伝パンフです。営業は12時から19時 定休日も結構ありますから

要注意。

店に入ると、右側は通常品で昔なつかしい品物

日本手拭、紙風船、ふくわらいなんかもありました。

Asa3


Asa2


そして、左側が企画展 

Asa4


夜空を企画した品物です。

そして、2/13から3/10まで なんと 猫展を企画

ぬいぐるみ、陶器、アクセサリー、紙文具、インフリア あなだけの特別な猫を

みつけてくださいとのことです。

Asa5

2013年7月28日 (日)

突如、恐竜が・・・

おぉぉぉっ

日曜日にスーパにいったら、突如恐竜ロボットが。

なんか、結構リアルに動いています。

本物はものすごく大きいんだろうけど・・

子供の目からみたら大きく立派にみえるんでしょう。

10


首が上下に動いて、ガォーーーッと叫んでいます。

11


背中にのることもできるみたい、子供だけですけど。

12


これから、夏休みでイベントもいろいろとあるみたい。

2013年6月16日 (日)

夏目漱石の美術世界展

吾輩は猫である、ぼっちゃん、三四郎・・たくさん読んだけど

美術と関係あるとはあまり意識していなかった。

本の中にでてくる絵画を集めた展覧会。

上野の東京芸術大学で開催中・・・

単純に上野の美術館と思っていたら、結構、入り口から遠い。

途中に立派な建物、国立博物館です。

01


古い門もあります。歴史的なものなんでしょう。

02


そして、東京藝術大学のちょっとしたコーナ

03


04


すごい、鬼瓦みたいなものもあります。

そして、展覧会は、小説の中にでてくる絵画を集めた展示

15日は 虞美人草の屏風が上下逆にして展示されていてラッキーでした。

そして、吾輩は猫であるの挿絵・・

イメージしていた、猫と違って、猫人間みたいで不気味。

10_2


他にもたくさんの絵画が小説の中で書かれているようです。

こういう読み方も面白いでしょうね。

なんか、ストーリだけでなく、こういうちょっとした視点で読むのも

楽しいかもしれません。

おみやげは、猫も柄の、メモ用紙

 11_2

四種類の図からです。


2012年12月 1日 (土)

レゴ 世界遺産展

師走  もう12月です。一年がとても早く感じられます。

12/1なのに、気候は12月末とのことで、宇都宮では初雪。

この寒い中、渋谷、パルコにレゴの展覧会に行きました。

(bunkamuraの水彩画展もいきましたよ)

レゴは子供が遊ぶブロックです。 ダイヤブロックもありますけど。

スケートの真央ちゃんがファンの方からプレゼントされてました。

渋谷はクリスマス一色で、サンタさんがたくさん

00


わたしにも、ど゛うぞ プレゼントの配達お願いします。

そして、いざ、 PIECE OF PEASE  レゴブロック世界遺産へ

入り口付近にも展示があり、おっ、なにこれ すげぇーーと感動

撮影も自由にできます。 

どこの世界遺産かは考えてください。

01

バンダさんもいます。

03


清盛がつくった神社

05


綺麗な城

06


そして、今も作り続けている

07


いろんなピースを集めてつくるんだろうなぁ。

ここまでいくと、芸術作品です。

2012年2月11日 (土)

フェルメールブルー缶のクッキー

追伸です。

 おみやげに、缶入りクッキーを購入。

 

 まわりは、フェルメールブルー色?

  Fel21

そして、開けたらこうなります。缶が大切です。

Fel2_3




Fel2_2


Fel2


 

 

フェルメールからのラブレター

渋谷・文化村 ザ・ミュージアム

新聞屋さんから、「フェルメールからのラブレター展」のチケットを頂き

やっと行って来ました。

入り口で結構行列、よく見ると当日チケットの購入の列

招待券だったので、スムーズに入れましたけど

館内は大勢の人が鑑賞しています。

早速、目的のフェルメールの作品に向かって一目散。

ちょっと小さいけど、きれいな黄色・青色です。

「手紙を書く女」「手紙を読む青衣の女」「手紙を書く女と召使い」

Fel

何を思っているのか、なんとなく考えながら鑑賞。

癒されます。

そして、6月にはいよいよ、「真珠の耳飾りの女」がきます。

Fel1_3

たのしみ、楽しみ。

終わってから、孫をだっこしに・・・最初はやっぱり人見知りで大泣き

膝の上でだっこしても、わざわざ、顔を、見上げてから大泣き。

でも、しばらくすると泣かなくなりました。

かわいいです・・・早く暖かくなって散歩したいものです。


Fel1_2


Fel1

2011年11月20日 (日)

収穫祭

久しぶりの更新となりました。

あちこちで収穫祭が開催されていて、隣の市の収穫祭を見学

キャベツ・大根・白菜等を100円で販売していたり

豚汁を売っていたりしてました。でも、以前より出店の屋台が少ないなぁ。

ぐるりと回っていたら、珍しいものを発見。

米を小さい窯みたいなものに入れて

しばらくグルグル回して

レバーをたたくと

00

大きな爆発

音とともに、蒸気がむくむくと出て

01

味付けしてできあがりです。ポン菓子です。

昔はよくみた風景でした。

家ではバケツにたくさんはいっていて、おやつでした。

そして、田園風景に懐かしい かかし祭り

「へのへのもへじ」ではなくて、今風になってますね。

03

ちょっとメカ的なやつも、カカシの役目をはたすのか疑問ですけど?

04_4






2011年11月 3日 (木)

月下美人

やっと撮影できました。

夕方、近くの通りで月下美人の蕾を発見。

おっおっ、今にも咲きそう・・咲いた姿をみたいなぁ・・

そして、帰宅。ご飯食べて、お風呂に入って

なんか忘れているなぁ・・・

おっおっ 月下美人忘れていた・・デジカメ持って外に・・

Photo


もう一枚

004


朝には、しぼんでました。撮影できてよかった。

2011年11月 2日 (水)

トリエンナーレ part2

先日のトリエンナーレの続きです。

写真で雰囲気が伝わるかどうか不明ですけど、我慢してください。

白い輝く砂の芸術作品・・じっとみているとキラキラ光っているものが

浮き上がって見えてきました。不思議感覚です。

00_4


近くに、金色の壁があって微妙に色合いが見る位置でかわってきます。

01

そして、これが白い壁の作品です、多分ライトのあて方なども工夫

されているんでしょう。みなさん壁に写る自分の影を見て楽しんでました。

03_4

こういう芸術作品をみていると、窓からのブライド越しの景色も

なんとなくステキにみえてしまい思わず撮影。

04

そして、シャトルバスに乗って日本郵船海岸倉庫に移動。

迎えてくれたのは、カバの像(砂でできているとのこと)

05_2

そして、ビデオテープのカーテン、角度によって見えなくなります。

08_5

09_4


そして、不思議な樹木、最初は何だろうと思っていたら

06


なんと水平に植えてあります。

07

そして、チェーンソーで作った作品、全体が細かく掘られていて

ところどころに隙間の穴があります。

10_5


そして、隙間に近づいて見ると、なんと内側にも彫刻がされています。

11

すべてチェーンソーで彫った作品だそうです。

まだまだたくさんあります。

そうそう、卵を光に当てると内側に文字が書いてあったり・・

一日楽しめる展示となっています。

2011年10月29日 (土)

ヨコハマトリエンナーレ

ヨコハマトリエンナーレに行って来ました(新聞屋さんからチケットゲット)

でも、いったいなんなんでしょう。

横浜美術館で開催、トリエンナーレはイタリア語で三年に一回という意味だそうです。

三年に一回開催される芸術展なんだ・・ちなみに二年に一回はビエンナーレ

横浜美術館の前にモアイ像みたいなものが・・

001_2

結構、混んでいて当日券を買うためにずいぶん行列できてました。

そして、入場すると(結構、撮影が許されているみたいでした)

なんか、ぐるぐるまかれて布が螺旋状においてあります。

001_3


一人分の洋服をまとめたやつで、108個の煩悩となっているとのことです。

上から見たら、

001_4

そして、上のほうにあるのが、オノヨーコさんの電話迷路です。

はいると迷路になっていて、中に電話がおいてあり

001_5


一日一回、オノヨーコさんから電話がかかってくるとのことです。

でも、最近三日間はかかってきていないみたいですと言われました。

予定があるし、毎日は無理でしょうね。はい、これがその電話

001_8

そして、階段を上がって展示会場の中にはいると、

真っ暗な部屋の中に女性がすわっていてゆっくりとパフォーマンスしてます。

そして、絵画、彫刻、なんか不思議な物体、大きなオルゴールがあったり、

妖怪作品もおいてありました。なんか関係あるのかな?

また、天体望遠鏡でみる作品、白い壁など、いろいろとあり

楽しめます。 ちなみに、電球の集まりの作品です。

001_9

なんとなく、撮影したのでは実感が味わえないです。

みて、楽しむ芸術、また、ちよっと離れた日本優先海岸倉庫の会場にも

展示物があり、一日楽しめます。