- pauchinのきままなブログ" /> - pauchinのきままなブログ" />
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 今朝はラーメン | トップページ | モノレールねこ (加納朋子) »

2009年12月13日 (日)

VARDIA RD-S304K ハイビジョンレコーダ紹介

RD-S304K

以前東芝のRD-XS46を利用。テレビの買い替えに伴いデッキもデジタル対応を検討。 本当にブルーレイが必要なのか・・・今までの経験からDVDにダビングしているものの あまり見ておらず。まずはブルーレイがなくてもいいか。
慣れている東芝は安いし必要になったら、USBDISK増設できる東芝 RD-S304Kを購入。

5万円で、ダブル録画で320Gは満足です。テレビも東芝にしたかったけど、 画質面からPANASONICにしたので、HDlinkが完全にできないのが残念。 デッキからの再生時の自動切り替えなどは連携するが、機能をOFFにしています。

1.使い勝手について 旧機種と比較(というかこれしか知らない)
 ・操作は以前の機種東芝RD-XS46と同様。リモコンも一部つかえてしまう。特に説明書を見なくても利用可能。
・立ち上がりが遅い、コンテンツ削除後の再読みに時間かかる
・番組表検索で現時刻表示がなくなったのは残念
・リモコンの反応が遅いかな? リモコンが二つあり簡単リモコンが便利です。
 ・立ち上がりを早くする通電モードがあるのだが、エコのために未設定
 ・ダビング10モード そんなに利用しないので関係なし。
・HDMI接続がくっきりと綺麗です。

2.画質面

 ・これはきれいです。デジタル放送のせいなのか、RD-XS46と比較しても抜群に綺麗。
  特に気にするようなことはありません。ここまで綺麗になるとは思わなかった。
  コントラストもいいし、今までの画質が粗くなることがなくてしまって見えます。
 ・モードが沢山あってわかりにくい
   TSモード ⇒デジタルをそのまま録画、これだとMAX30時間
   TSEモード⇒圧縮録画 レート4.6で80時間ほど
 VRモード ⇒mpeg2でDVDモード 昔のモード
 ・モード単位の品質

  △TSモード・きれいだけど、容量が足りなくなる。
          すぐ消すのにはいいかも。
    ◎TSEモード・これで十分きれいで満足できます。 4.6で録画中
          通常のデフォルト設定に利用
  △VRモード・アナログ録画より若干きれいなレベル
          不便な点もあるので、一度TSモードで録画してVRモード変換

3.USB接続

 これはバッタ品のUSBDISKも認識しました。

4.ネット連携

 PCからフォルダー操作ができ、題名の付替えなど可能。

5.制限事項

 本来、ダブルチューナで二重録画をサポートしていますが。
  TSとTSE、VRの組み合わせとなります。つまり、ダブル録画時はどちらかにTSが発生。
  そして、デジタル放送をVRモードで録画している時にはチャネルを占有しているのか、ダブル録画はできません。 DVD録画、HDVRフォーマットについて試していません。手持ちのDVDが1-4倍モードなので・・倍速ダビングナドテスト予定。
 昔のRD-XS46で作成してVRモードのDVDとは再生可能でした。アナログなのでとてもやわらかい画質ではありますが・・・
では、リモコンの紹介 左がチャプター編集などの機能もついたフルリモコン、右が必要な機能のみの簡単リモコンです。 

Photo_2

本体は5万円をもうきっているんですね。

TOSHIBA VARDIA 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載ハイビジョンレコーダー HDD 320GB RD-S304KCETOSHIBA VARDIA 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載ハイビジョンレコーダー HDD 320GB RD-S304K

販売元:東芝
発売日:2009/09/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 今朝はラーメン | トップページ | モノレールねこ (加納朋子) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VARDIA RD-S304K ハイビジョンレコーダ紹介:

« 今朝はラーメン | トップページ | モノレールねこ (加納朋子) »